アパレル業界の面接後に送る「お礼状」の書き方

アパレルの面接対策

アパレルの面接が終わったあと「お礼状を送った方がよいか」迷いますよね。

結果からいうと、もし迷っているなら送った方が印象が良くなります。

ここではアパレル業界の面接対策として「お礼状」について解説します。

お礼状は感謝の意味を込めて送るもの

お礼状は、面接が終わったあとに「面接をしていただきありがとうございました」という感謝の意味を込めて送るものです。

そのため、送り状を送らなかったからといってマイナスに評価されるということはありません。

ただ、自分のことで考えても、初対面で連絡先を交換した人からていねいに連絡が来たら悪い気持ちはしないですよね。お礼状にもこのような効果があります。

もし、お礼状を送るか迷っている場合は、ぜひ送ってみましょう。

お礼状を送るタイミング

お礼状を送るタイミングは「すぐ」です。なぜなら、二次面接などがある場合、送り状が届く前に次の面接が始まってしまうことがあるからです。

送り状には、面接を通して「より企業で働きたくなった」という内容を、具体的なエピソードと一緒に書きましょう。そうすることで、より信ぴょう性が高い送り状になります。

面接官の名前が分かる場合は、面接官宛に送りましょう。もし担当者の名前が分からない場合は、「採用ご担当者様」のように記載します。

アパレル業界のお礼状の例文

最後に、アパレル業界のお礼状の例文を紹介します。

基本の形を応用して、オリジナルのお礼状を作ってみましょう。

株式会社◯◯
採用ご担当 ◯◯様

〒◯◯◯-◯◯◯◯
東京都◯◯◯◯◯◯
名前 ◯◯◯◯
電話番号 080-◯◯◯◯-◯◯◯◯
メールアドレス ◯◯.com

お礼状

拝啓 ☓☓の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

このたびは、面接を受けさせていただき、ありがとございました。

◯◯様(面接官の名前)から貴社の業務内容、職務内容のお話をお聞きし、より入社したい気持ちが強くなりました。特に貴社の◯◯のお話は、私にとってやりがいのある内容でした。

今までの職務経験を生かし、貴社で必要な知識を得て頑張りたいと考えております。

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

敬具

 

 

 

 

 

 

 

お礼状が採否に直接的な影響を与えることはありません。しかし、「どちらの人を採用しよう」と迷ったとき、お礼状を送っている人は印象がよくなるでしょう。

最後に決めるのは「人間の感情である」ということを忘れないことが大切です。