アパレルの履歴書の書き方「本人希望記入欄」

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレルの履歴書で「本人希望記入欄にはどのようなことを書けばよいか分からない」という方は多いと思います。

「どのくらい希望を出して良いものなのか」悩んでしまいますよね…。

ここではアパレルの履歴書の書き方として「本人希望記入欄」について解説します。

「本人希望欄」の基本マナー

「本人希望欄」は基本的に「貴社規定に従います」と書きます(空欄にはしません)。

また、家庭の事情などどうしても妥協できない点がある場合は、簡潔に書きます。このとき、スペースの8割程度に収まるようにしましょう。

「連絡のつかない時間帯」について書いておこう

現在、就業中の方は「連絡のつかない時間帯」も書いておきましょう。

採用担当の方は、電話をする時間を作って電話をしてくれています。できるだけ不在にならないように気を遣った対応ができるようにしましょう。

本人希望欄の記入例

現在在職中のため、下記時間帯は電話に出ることができません。

月曜日〜金曜日:9〜18時

希望条件の書き方

アパレル業界への転職の場合、「総合職」ではなく「職種」採用が多いため、職種希望を書くことは少ないでしょう。

あらかじめ伝える必要がある場合は、次のように記載します。

勤務時間

特にアパレルショップでの販売職の場合、勤務場所や勤務時間を多く出すと、採用される確率が低くなってしまいます。

どうしても希望を出さなければならないときは簡潔に書き、詳しいことは面接で口頭で伝えるようにしましょう。

本人希望欄の記入例

勤務時間:家庭の事情で難しいため、◯時までの勤務を希望致します。

入社希望日

現在、就業中の方は入社できるタイミングを伝えましょう。

一般的に中途採用の場合、内定が出てから長くて1ヶ月後くらいは待ってもらえます。交渉が苦手な方は就職エージェントを使うのも良いでしょう。

本人希望欄の記入例

入社希望日:◯月◯日より勤務可能