アパレルの履歴書・職務経歴書の用紙の最適なサイズ(A4・B5)

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレルの履歴書を選ぶとき、「A4とB5のどちらを選ぶべきか」迷いませんか?

結果から言うと、履歴書の用紙のサイズはA4・B5のどちらを選んでも間違いではありません。

ただし、職務経歴書はA4サイズの用紙で作るのが一般的です。

ここではアパレルの履歴書・職務経歴書のサイズについて解説します。

履歴書のサイズはA4とB5の2種類がある

履歴書の用紙サイズはA4とB5の2種類があります。

  • A4判(開くとA3サイズ):縦297mm×横420mm
  • B5判(開くとB4サイズ):縦257mm×横364mm

A4判は開くとA3サイズになるため、「A3判」「A判」とも呼ばれます。

B5判は開くとB4サイズになるため、「B4判」「B判」とも呼ばれます。

どちらのサイズの履歴書も半分に折って使のが一般的です。

そのため、選考を受ける企業から「A4サイズ」を指定されたからといって、A4のコピー用紙で履歴書を作らないように注意しましょう。

もし、パソコンで履歴書を作る場合は、プリントはコンビニのマルチコピー機を使うと便利です。

どちらを選んでも問題ない

履歴書のサイズはA4とB5のどちらの用紙サイズを選んでも問題ありません。

「正社員だから…」「アルバイトだから…」という理由でサイズを選ぶ必要はないので、自分の書きやすいサイズで書きましょう。

書ける内容が多い人はA4、少ない人はB5を選ぼう

このとき、履歴書に書ける内容が多い人はA4サイズを選ぶのが良いでしょう。

反対に「学歴・職歴」や「免許・資格」が少ない人や、自己PRに困ってしまうなど、書ける項目が少ない人はB5サイズを選ぶと空白が目立ちません。

採用時にB5サイズを選んだからといって「この人はわざと小さい履歴書を選んだな」とは思われないので安心しましょう。大切なのは、実際の面接での笑顔です。

ただし、企業からサイズの指定がある場合は厳守

ただし、企業から用紙サイズの指定がある場合は、そのサイズを厳守します。

サイズ指定があるにもかかわらず、異なるサイズで履歴書を提出してしまうとマイナスの評価になってしまいます。相手は多くの履歴書を扱っています。相手の工数を考えた行動をしましょう。

職務経歴書はA4サイズでパソコンで作る

一方、職務経歴書の用紙サイズの大きさはA4サイズに限定されます。

職務経歴書は、A4サイズ1〜2枚でパソコンで作ります。

送付状はA4サイズでパソコンで作る

履歴書を郵送する場合、「送付状(送り状、カバーレター)」を付けます。

送付状は「履歴書を送るのでよろしくお願いします」という意味があります。対面で渡すときも無言で渡さず「お願いします」というのと同じです。

この送付状もA4サイズの用紙でパソコンで作ります。

履歴書・職務経歴書を入れる封筒は角2号か角型A4

最後に、アパレルの履歴書と職務経歴書(郵送の場合は送付状も)を入れる封筒は、A4書類を折らずに入れられる封筒を選びます(履歴書は半分に折っている状態)。

  • 角2号
  • 角型A4

履歴書・職務経歴書の用紙のマナーを覚えて、アパレルの面接に臨みましょう。