アパレル業界の履歴書を郵送するときに知っておきたいこと

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレル業界の求人に応募するとき、履歴書を応募することがあると思います。

そのとき、社会では「常識」とされているマナーを外さないようにしましょう。

ここではアパレル業界の履歴書を郵送するときに知っておきたいマナーについて解説します。

履歴書を郵送するときは「添え状」を書く

履歴書を郵送するときは「添え状」を書きます。

添え状には「この書類をお送りします」という意味が込められています。

手渡しで履歴書を渡すとき、無言では渡さず「こちらが履歴書になります」と言いますよね。添え状はその言葉と同じ意味合いを持っているので、郵送時は必ず付けるようにしましょう。

アパレルの履歴書に必要な添え状(送付状)の書き方

履歴書を入れる封筒について

封筒の選び方

履歴書を入れる封筒は白色を選びます。

アパレル業界で使う履歴書なので「おしゃれな方がよいのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、選考の段階ではよほど奇をてらわない限りは、白色が無難です。

封筒の形は、A4書類を折らずに入れられる角2号、または角型A4号が良いでしょう。

表書き

封筒の表面には次の項目を縦書きで書きます。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 企業名(正式名称)

敬称は「◯◯株式会社」のように正式名称で書きます。「ブランド名」と「企業名が」異なる場合も多いので、必ずWebサイト等で確認しておきましょう。

担当者が分かる場合は「◯◯様」と書きます。

担当者が分からない場合は「採用ご担当者様」と書きます。

表面の左下に「履歴書在中」と朱書き(赤ペンで書く)すると、直接採用担当者が開封してくれます。

裏書き

封筒の裏面には次の項目を縦書きで書きます(自分の情報です)。

  • 郵便番号(横書き)
  • 住所
  • 氏名

裏面の左下4分の1に収まるときれいに見えます。

封をしたら密封マーク「〆」をしましょう。

アパレルの履歴書「封筒」の書き方

封筒の切手の料金

履歴書を郵送する場合、封筒に切手を貼ります。

履歴書に使う封筒(定形外郵便)の料金は以下の通りです。

  • 50g以内:120円
  • 100g以内:140円

参考:国内の料金表(手紙・はがき) – 日本郵便

書類を1, 2枚入れただけでは50gで十分ですが、アパレル業界では写真を求められることもあるので、心配の方は郵便局に持っていって計測してもらうか、140円分の切手を貼って郵送しましょう。