アパレル業界の履歴書の書き方「前職」について

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレル業界の履歴書を書くとき、悩むのが「前職」についてという方も多いと思います。

どこにどんなことを書けばよいか迷ってしまいますよね。

そこで、ここではアパレル業界の履歴書の書き方として「前職」について解説します。

履歴書:職歴を時系列で簡潔にまとめる

まず、使い分け方としては、履歴書では職歴を時系列で簡潔にまとめます。

そして、職務経歴書に詳細を書いてアピールすると良いでしょう。職務経歴書が必要ない場合は、面接時に詳細を話せるように準備しておきます。

履歴書の職歴は、次のように書きます。

職歴の書き方

平成◯年4月 株式会社◯◯ 入社

平成◯年3月 株式会社◯◯ 一身上の都合により退職

平成◯年4月 株式会社◯◯ 入社

平成◯年4月 現在に至る

以上

アパレルの履歴書の書き方「学歴・職歴」(店舗勤務や派遣にも対応)

職務経歴書:職務実績をアピールする

一方、職務経歴書では実際にどのような仕事をして、どのような実績を残したかを書きます。

このとき、職務経歴書も時系列で書くと、履歴書と合わせて読みやすくなります。

つまり、履歴書に「概要」、職務経歴書に「詳細」を書くイメージで作るとよいでしょう。

企業の規模を書く

職務経歴書には、社名だけでなく次の内容も記載します。

  • 事業内容
  • 資本金
  • 売上高
  • 従業員数
  • 上場 or 非上場

これらのデータを書くことで、「どのくらいの規模の企業で働いていたか」が伝わります。

実績を書く

また、自分がどのような業務を行っていたのか、どのくらいの実績を出したのか、どのような点を工夫したかを記載することで、自己アピールにつながります。

実績の書き方

◯◯販売担当として接客・在庫管理業務を行う。

20XX年 ◯◯担当年間売上:◯◯万円(昨年対比◯%)

顧客分析、競合他社の商品分析を行い、商品展開を見直しました。

職務経歴書は選考を受ける企業によっては必要がない場合もあります。応募する時点で確認をするか、または転職サイトの専任コンサルタントに確認をして転職活動に臨みましょう。