アパレルの履歴書「証明写真の撮り方」スーツ・ピアス・カラコン・髪型・化粧について徹底解説

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレル業界の選考を受けるときの履歴書の証明写真について悩んでいませんか?

そこで、ここではアパレル業界に正社員として就職する方、もしくは中途採用などで転職される方を対象にして、アパレルの履歴書に使う証明写真の撮り方について徹底解説します。

証明写真の基本

サイズ:縦4cm×横3cm

履歴書に使う証明写真のサイズは、縦4cm×横3cmが基本です。これらはスピード写真やフォトスタジオでもよく使うサイズなので、困ることはないでしょう。

撮影してから3ヶ月以内の写真を使う

履歴書の証明写真は撮影後3ヶ月以内のものを使いましょう。3ヶ月以上経つと、髪の毛の長さが変わったり、体型に変化が出るのが理由です。

お店のイメージに合わせるのが基本

正社員として就職・転職する場合、履歴書の証明写真はスーツ姿で撮影します。

ただし、面接時もそうですが、最終的にはお店のイメージに合わせるのが基本です。募集要項を見て「私服」など指定があるある場合は、それに従いましょう。

また、特に販売員の場合は、そのお店のイメージに合わせることが重要です。ナチュラルな雰囲気のブランドなのにギャル服を着てしまうようなことがないように注意しましょう。

アパレルの履歴書の証明写真のNG事例

履歴書に使う証明写真のNG事例を3つ紹介します。

服装:普段着で撮影している

正社員として就職する場合、履歴書の証明写真はスーツを着用します。

アルバイトだと私服で写真を撮ることが多いので注意しましょう。

構図:寄りすぎている、引きすぎている

証明写真の構図が寄りすぎている(顔がアップになってしまっている)ものや、反対に引きすぎているものは適切ではありません。適切な構図のものを使いましょう。

画質:画質が悪かったり、スナップ写真を使っている

証明写真の画質悪かったり、暗かったりするものはNGです。

また、スナップ写真やプリクラを使っているものも使えません(スマホによる自撮りもNG)。最低でもスピード写真を使って撮影した証明写真を使いましょう。

販売の場合は全身写真を求められることもある

アパレル販売員で応募した場合、全身写真(スナップ写真)を求められることがあります。

全身写真では「その人のファッションセンス」が要求されるので、履歴書の写真とは別に私服の全身をコーディネートしたものを用意しましょう。

アパレルの履歴書の証明写真の身だしなみ

髪型:整えて撮影する

髪は整えて撮影します。

ボサボサだったり清潔感がない髪型にならないように注意しましょう。

髪色はそれほど厳しいことはありませんが、オフィスワークとして対外的な取引をすることを考えると、派手な髪色はふさわしくありません。

男性は黒髪が原則です。整髪料を使いすぎないように注意しましょう。

化粧:ナチュラルメイクにする

採用の場にふさわしいナチュラルメイクを心がけましょう(すっぴんはNGです)。

アパレルだからといって厚化粧は印象がよくありません。証明写真を通して、初対面の面接官に対して失礼のないメイクを心がけることが重要です。

カラコン:ナチュラルなものならOK

ナチュラルなカラコンであれば装着しても問題ありません。

ただし、青色など派手な色のものはNGになります。

髭(ヒゲ):基本はNG

男性の場合、爽やかな印象を与えるために髭(ヒゲ)は剃った方が良いでしょう。

アパレルの場合、入社後は比較的自由なこともありますが、履歴書の段階では常識ある容姿をすることが無難です。

服装:基本はスーツ

履歴書の証明写真の服装はスーツを着用します。コーディネートの基本は、女性はジャケットにブラウス、スカート。男性はジャケットにパンツです。

スーツはブランドものを揃える必要はありません。自分が用意できる範囲で用意しましょう。

一方、会社から「私服」のように指定がある場合は、それに従います。

アクセサリー:ピアスはシンプルなもの1組までOK

履歴書の証明写真では、ピアスはシンプルなものなら1組までOKです(面接時と共通)。

ただし、男性はピアスを含めてすべてのアクセサリーがNGになります。

履歴書の写真の顔が隠れてしまうような帽子やマフラーはしないように気をつけましょう。

履歴書用の証明写真を撮る場所

履歴書の証明写真は「スピード写真を使う方法」と「フォトスタジオを使う方法」の2種類があります。

スピード写真:早く安く撮影できる

駅前などに設置してあるスピード写真は、早く安く撮影できます(1回あたり700〜1,000円)。

ただし、写真の撮り方や服装などは自分で決める必要があります。また、フォトスタジオで撮影したものよりはどうしても品質が下がってしまいます。

そのため、特に見た目が大きく影響するアパレル業界では、「どうしてもすぐに用意しなければならない」とき以外は、できるだけフォトスタジオを使って撮影するのがおすすめです。

ひとりでスピード写真を撮影するとき、ひざの上に白いハンカチを置くと、レフ板(被写体に光を反射させるもの)の役割をしてくれて、キレイに撮影できます。

フォトスタジオ:高品質な写真が撮影できる

フォトスタジオではプロのカメラマンに証明写真を撮影してもらえます。

多くのフォトスタジオでは「就職用の証明写真のプラン」が用意されています。

価格は1枚500円〜(2枚セットで1000円など)とスピード写真よりは高くなりますが、品質の高い証明写真を撮ることができます。

時間は、撮影後20分〜1日でできるプランも多くあります。

また、撮影後にオプションとして写真補正を行ってくれるところもあるので、必要に応じて使ってみるのもよいでしょう。

アパレル業界で使う証明写真は、できればフォトスタジオで撮影したいところです。

証明写真の裏面には名前と撮影日を書こう

証明写真の裏面には、名前と撮影日を記入します。

名前を書いておけば、もし履歴書から写真が落ちてしまったときも誰のものか分かります。採用担当の人事は多くの人の履歴書を管理します。相手のことを思った行動を心がけましょう。

写真の裏面に書くときは、油性のマジックを使うと写真を傷つけずに書けます。

証明写真をきれいに貼ろう

歴書の証明写真は次の点に注意してきれいに貼りましょう。

  • 写真をまっすぐ貼る
  • のりがはみ出さないように貼る

どんなにキレイに撮影できていても、写真がズレていると印象が悪くなってしまいます。

のりがはみ出すのが心配なときは、スティックのりや両面テープを使うときれいに貼れます。

証明写真を貼った履歴書ができたら、アパレル業界の採用面接に臨みましょう。