アパレルの履歴書「封筒」の書き方

アパレルの履歴書・職務経歴書の書き方

アパレルの履歴書を書いたあとは、封筒に入れて採用担当者に手渡しか郵送します。

このとき、履歴書を入れる封筒はどれにすればよいのか、何を書けばよいのか悩みますよね。

ここではアパレルの履歴書を入れる「封筒」について解説します

履歴書の封筒は必要?

結果から書くと、手渡と郵送、どちらの場合も履歴書の封筒は必要です。

利便性だけで考えると、手渡しをする場合は封筒を使う意味がありません。

しかし、「履歴書は封筒に入れて採用担当者に渡す」という「常識」がある以上、採用時はこの常識に従うのが良いでしょう。そうしないと「常識がない人」という印象を与えてしまう可能性があります。

以上の理由から、郵送時だけでなく、手渡しのときも履歴書は封筒に入れるようにしましょう。

封筒の選び方

封筒の色は白色を選びます。

封筒の形はA4の履歴書なら角2号、または角型A4号の封筒にします。

つまり、中の書類を折らなくてもよい形を選びましょう(履歴書は半分に折ってある状態)。

アパレルの履歴書・職務経歴書の用紙の最適なサイズ(A4・B5)

封筒の表書き・裏書きの書き方(手渡しの場合)

手渡しの場合の「封筒の表書きと裏書き」について、解説します。

表書き

封筒の表面の左下部分に「履歴書在中」と朱書きします(縦書きです)。

赤色ではっきり書くことで、直接採用担当者だけが開封してくれるようになります。

裏書き

裏書きは特に必要ありません。

また、採用担当者がすぐに開封できるように封もしません。

書類を渡すときは「こちら、履歴書と職務経歴書になります」と一声添えましょう。

封筒の表書き・裏書きの書き方(郵送の場合)

続いて、郵送の場合の「封筒の表書きと裏書き」です。

表書き

表面には以下の項目を記載します(縦書きです)。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 企業名(正式名称)

敬称は、「◯◯株式会社」のように正式名称で書きます。

また、採用担当者が分かっている場合は、企業名を書いた次の行に「◯◯様」と書きます。

分からない場合は「採用ご担当者様」と書きましょう。

封筒の表面の左下部分に「履歴書在中」と朱書きします。

赤色ではっきり書くことで、直接採用担当者だけが開封してくれます。

裏書き

裏面には次の項目を縦書きで記載します(自分の情報です)。

  • 郵便番号
  • 住所
  • 氏名

このとき、裏面の左下4分の1に収まるように書くと、見栄えがよくなります。

封をしたら密封マーク「〆」もします。

添え状

履歴書を郵送する場合、「添え状」と呼ばれる書類を添付します。

履歴書を手渡しする場合は無言で渡さずに一声かけるのと同じように、添え状は「この書類をお送りします」という意味を込められています。

アパレルの履歴書に必要な添え状(送付状)の書き方

履歴書を入れる向き

封筒を入れる向きは、履歴書の証明写真と名前の部分が上になるように入れます。

また、履歴書が折れてしまわないようにクリアファイルに入れると良いでしょう(100円ショップなどで売っています)。

封筒の切手の料金

履歴書を郵送する場合、封筒に切手を貼りましょう。

履歴書に使う封筒(定形外郵便)の料金は以下の通りです。

  • 50g以内:120円
  • 100g以内:140円

参考:国内の料金表(手紙・はがき) – 日本郵便

書類を1, 2枚入れただけでは50gで十分ですが、アパレル業界では全身写真を求められることもあるので、心配の方は郵便局に持っていくか、140円分の切手を貼って郵送しましょう。

履歴書の封筒をしっかり準備して、採用面接に備えましょう。