アパレル業界の面接対策、ストッキングについて

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき「ストッキングはどうするべきか」迷いませんか?

結果から書くと、ストッキングはベージュが基本です。

ここではアパレル業界の面接対策として、ストッキングについて解説します。

スーツを着るときはベージュストッキングが基本

他の業界と比べてセンスが問われやすいアパレル業界の面接では、私服面接が多くあります。

ただ、なかにはスーツで行く面接もあります。

面接の場ではベージュストッキングが基本です(柄やワンポイントもNGです)。

面接では限られた時間の中でビジネスマナーも確認されるため、黒ストッキングのようにマナー違反の場合、「ビジネスマナーができていない」という印象を持たれてしまいます。

そのため、スーツを着るときはベージュストッキングを履くと覚えておきましょう。

黒ストッキングが適さない理由

それでは、なぜ面接には黒ストッキングが適さないのでしょうか。

それは、黒ストッキングや黒タイツが「お悔やみ」など不幸なイメージを連想させるためです。特に年配の方が採用担当者の場合、「演技が悪いもの」と思われてしまう場合があります。

また、黒ストッキングは相手に暗いイメージを与えフレッシュさが損なわれます。

「これから入社して頑張ろう」というときにフレッシュさがないのは致命的なため、採用面接時には黒ストッキングを選ばないようにしましょう。

選考を受けるブランド企業に合わせることが大切

ここまで書くと、「黒ストッキングは絶対にNG」だと感じるかもしれません。

それは半分正解で、半分不正解です。

アパレル業界の場合は、他の業界と比べてゆるい傾向があります。ただ、ゆるいといっても選考を受けるブランドや企業のイメージに合わせる必要はあります。

このあたりは選考を受ける企業によって異なるのが正直なところなので、面接前に確認しておくと良いでしょう。

ファッショーネやクリーデンスなどの転職サポートを使っている場合は、専任コンサルタントがその企業に合う面接時の服装を教えてくれます。

「アパレル面接で外したくない」という方は転職サポートを利用するのも良いでしょう。