アパレル業界の面接対策、スカート、ワンピースなどについて

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき「どのようなスカートを穿けばいいの?」と迷いませんか?

一言に「スカート」といっても、ミニスカートからロングスカートまでいろいろあって迷いますよね。

ここではアパレル業界の面接対策として、スカートやワンピースについて解説します。

採用面接時の服装はブランドイメージに合わせる

まず、基本として採用面接では清潔感が求められます。人は「相手の印象」のほとんどを視覚情報から得ています(メラビアンの法則によると55%を視覚情報から得ています)。

そのため、どんなに良い発言をしていても見た目(清潔感)が良くないと説得力が生まれません。反対に身なりがきちんとしていれば、相手に不快感を与えることは少なくなります。

アパレル業界の面接では、清潔感を出した上でブランドイメージに合わせた服装をしましょう。

たとえば、キレイ系のブランドの販売の選考を受けるのに、「カジュアル」や「ギャル」っぽい服装になってしまわないように注意することが必要です。

初対面の相手(採用担当者)に失礼のない服装を心がけましょう。

どこにでも通用するスカートの穿き方

もし、スーツで面接を受ける場合は、次の点に注意します。

  • 座ったときに膝上5cm以内に収まる
  • 立ち上がったときに膝が隠れる長さ

これよりも短いミニスカートは、面接の場にはふさわしくありません。もし「ミニスカートを穿きたい」という場合は、販売職などに就いてからコーディネートしてみましょう。

反対に、これ以上長いロングスカートは、ガーリー系ブランドの販売職の面接では良いかもしれませんが、一般的にはできるだけ避けるのが無難です。

私服面接時のミニスカート、ロングスカート、ワンピースの使いどころ

スーツで面接を受けるときは上の通りで問題ありません。

では、私服面接時はどうでしょうか。

やはり、採用担当者が目のやり場に困るようなミニスカートは避けましょう。ロングスカートやワンピースは清潔感があり、ブランドイメージに合う範囲のコーディネートをおすすめします。

もちろん、ブランドの販売員を目指すならそのブランドを使ってみましょう。

アパレル業界の面接対策、デニム、スキニー、ワイドパンツ、ガウチョなど私服時のパンツについて