アパレル業界の面接対策、Tシャツ(ノースリーブ含む)について

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき、「Tシャツで行っていいのかな…」と迷っていませんか?

アパレル業界は私服面接が多いため、どんな格好で行っていいか悩んでしまいますよね。

結論から言うと、Tシャツのようにカジュアルすぎる格好はNGです。

ここでは、アパレル業界の面接対策としてTシャツについて解説します。

アパレルの面接はブランドイメージに合っているか

まず、どの業界の選考を受けるにしても、採用面接では清潔感が重要です。

服が汚いなどはブランドイメージ云々の前に論外になります。

清潔感の次に必要になるのが、アパレル業界ではブランドイメージです。アパレル業界ではセンスが求められるため、私服面接になるケースが多くあります。

そこで、選考を受けるブランドイメージにあった服装ができるかが求められます。

アパレル業界の面接対策、スーツについて(リクルートスーツ含む)

Tシャツなどのカジュアルすぎる服装はNG

ただし、私服面接だといってもTシャツやキャミソールなどのカジュアルすぎる(露出が大きい)服装はNGです。

面接は遊びにいくのではなく、求職者と企業のマッチングの場であることを忘れないようにしましょう。できれば、ブランドイメージに合わせたフォーマルな格好が望ましいです。

カジュアルでもジェケットの中にシャツやタートルネックなどを着ていれば、場違いな格好になることが避けられます。

「服装なんてなんでもいいじゃん」と思われる方もいるかもしれませんが、服装が相手に与える影響はとても大きいのが現実です。

佐々木紀彦さんの『日本3.0』にはこのような記述があります。

外見でもっとも損をしたのは、堀江(貴文)さんでしょう。もし彼が、目上の人物と会うときにスーツを着ていたなら、歴史が変わっていたかもしれません(そこをあえてTシャツで通すところが、堀江さんの魅力でもあるのですが……)。

採用面接は、会社に入るための大切な一歩です。会社は入ってからは意外と自由が利くものです。なので、入るためのステップはいつも以上に慎重に考えて臨みましょう。