アパレル業界の面接対策、デニム、スキニー、ワイドパンツ、ガウチョなど私服時のパンツについて

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき「デニム(ジーンズ)は履いていいの?」と迷いませんか?

また、パンツにはデニム以外にもさまざまなものがあります。

ここではアパレル業界の面接対策として、私服面接時のデニム、スキニー、ワイドパンツ、ガウチョなど「パンツ(ズボン)」にまつわるアイテムについて解説します。

採用面接はブランドイメージに合わせた服装をするのが基本

リクルートスーツを着ていかなければいけない一般企業と異なり、アパレル業界の採用面接では私服面接を取り入れることが多くあります(最近はIT企業も私服のところが増えてきました)。

これは応募者のファッションや着こなしを確認するという意味もあります。

特に販売員などブランドの顔となって店舗に立つ人の場合は、「ブランドイメージに合っているか」が重要です。極端ですが、ベビー服売場なのにギャルの格好をしているなど、どんなにオシャレをしていてもブランドイメージとかけ離れているのはふさわしくありません。

そのため、アパレル業界の面接ではブランドイメージに合わせた服装をするのが基本です。

デニム(ジーンズ)はカジュアルブランドならOK

デニムはデニムが合うカジュアルブランドなら問題ないでしょう。

ただし、ダメージジーンズのように加工が激しいものは面接の場にはふさわしくありません。また、スタッズやストーンなど派手な装飾が施されているものも控えましょう。

いくら服装が自由でも面接の場に合っているかを意識することが重要です。

その他のパンツ(スキニー・ワイドパンツ・ガウチョ・短パンなど)について

最近は、脚のラインにぴったりとフィットしたスキニーパンツや、逆にゆったりとしたワイドパンツ、ガウチョパンツなどさまざまな形のパンツがあります。

これらのパンツもそのブランドのイメージに合っているか、持っているパンツのシルエットだったりデザインが面接の場にふさわしいかを考えて決めましょう。

また、その他のパンツには短パン(半ズボン)もあげられますが、これもそのブランドに合っているか、マッチしているかを基準に決めます。ただし、あまり多くないでしょう。

もし、服装に迷ってしまったら専任コンサルタントに相談するのもひとつの方法です。

TPOに合わせた服装でアパレル業界の面接に臨みましょう。