アパレル業界の面接対策、アウター(ジャケット、コート、パーカーなど)について

アパレルの面接対策

アパレル業界の採用面接に行くとき「アウターをどうしようか」迷いませんか。

特に私服面接では、どこまでカジュアルが許されるか悩んでしまいますよね。

そこで、ここではアパレル業界の面接対策としてアウターについて解説します。

※この記事では正社員として就職される方を対象にしています。

ブランドのイメージに合わせたものを選ぶ

アパレル業界の面接では、その人のファッションセンスを見るために「私服でお越しください」といったように「私服面接」であることが多くあります。

スーツにしろ、私服にしろ、最初に気をつけるのは清潔感です。これはどの業界の採用面接にも共通します。清潔感がある上ではじめて「次の一手」を考えましょう。

アパレル業界の面接では、選考を受けるブランドのイメージに合わせたものを選びます。

たとえば、ガーリー系ブランドならガーリー要素を取り入れた格好がふさわしくなります。

TPOをわきまえたジャケットは比較的どんなブランドにも合うでしょう。

「ブランドをイメージする」といっても、全身をブランドもので固める必要はありません。ブランドによってはかなり高額になってしまうこともあるでしょう。

今日の服装のポイントとして、小物などに取り入れるだけで相手からの印象は良くなります。

アパレル業界の面接対策、スーツについて(リクルートスーツ含む)

カジュアル過ぎるものはNG

ただし、ライダース、Gジャン、パーカーなどカジュアル過ぎる服装はNGです。

面接は遊びにいくのではなく、企業とのマッチングの場です。

カジュアルブランドの採用面接を受ける場合でも、節度のある格好を心がけましょう。

たとえば女性なら、シャツにジャケットを羽織るだけでしっかり見えます。

男性もシャツにジャケットを羽織るとフォーマルに見えます。ジャケットのインナーのシャツをカットソー(襟がないTシャツなど)にすると、固くなりすぎません。

このようにブランドのイメージを保ちつつ、カジュアル過ぎない格好にしましょう。

コートなどのアウターは会社に入るまでに脱いでおく

冬場の場合、コートなどのアウターを着たまま面接を受けるのはマナー違反です。

それでは、どのタイミングでコートを脱げば良いのでしょうか。

正解は、会社に入る前です。会社に入る前に脱いで鞄と一緒に手に持っておきましょう。

もし、会社の前で着脱がしにくい場合は、会社に入ったあとすぐに化粧室に入って脱ぐのでもかまいません。焦ってコートなどのアウターを脱ぐのを忘れないようにしましょう。