アパレル業界の面接対策、そのブランドの服を着るべき?それとも他の違うブランドの服を着ても良い?

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき迷うことのひとつが「選考を受ける企業(ブランド)の服を着ていくのか」「違うブランドの服を着ていっても良いのか」ですよね。

大切なのは、そのブランドのイメージにあった格好をすることです。

ここではアパレル業界の面接対策として、「ブランドの服」について解説します。

ブランドのイメージに合っているかが重要

まず、採用面接で大切なのは清潔感です。これがないと次に進めません。

体が不潔、服に髪のフケが付いているなどならないように注意しましょう。

そして、ブランドのイメージに合っているかが求められます。

このときどのブランドを着ているかというより、そのブランドイメージに合った格好をしているか(着こなせているか)が重要視されるので、自社ブランドにこだわる必要はありません。

特にハイブランドの選考を受けるときは、そのブランドの洋服を買えないこともあります。その場合は、ちょっとした小物に取り入れるというのもおすすめです。

全身を自社ブランドで固めるのは逆効果

逆に、採用面接を受けるからといって全身を自社ブランドで固めるのは逆効果につながる(コーディネートの幅が狭いと思われる)という採用担当者の意見もあります。

たしかに全身そのブランドで固めた人が来たら、ちょっと驚いてしまいますよね。

もし、「普段からそのブランドが好きでよく着ている」という方は、その日のコーディネートに違うブランドを取り入れてみるというのも良いでしょう。

そのブランドがいちばん映えるようなコーディネートを考えてみましょう。

他社ブランドは目立たせないように使う

ただ、「他社ブランドを使っても良い」からといって、他社ブランドのロゴが大きく入っているアイテムを使うなどの着こなし方は好まれません(特に競合ブランドの場合)。

自社ブランドを中心に他社ブランドも取り入れるくらいの気持ちでコーディネートする方が、そのブランドへの愛着が相手に伝わるでしょう。

もし、「採用面接時の服装が難しい…」という方は、ファッショーネやクリーデンスなどアパレルに特化した転職サイトを利用するのもおすすめです。

転職サイトを利用すると、専任コンサルタントが「選考を受けるブランド」の採用面接にもっともふさわしい服装をあらかじめ教えてくれます。

転職はひとりでやるものではなく、プロの力を借りた方が成功率も断然上がります。積極的に転職サポートを活用してアパレル業界への転職を成功させてください。