アパレル業界の面接対策、バッグやリュックなど鞄(カバン)について

アパレルの面接対策

アパレル業界の面接に行くとき「鞄(バッグ)はどうしようか?」迷いますよね。

結論から書くと、A4書類を折らずに入れられる鞄が推奨されます。

ここではアパレル業界の面接対策として、鞄について解説します。

手ぶらはNG

まず、大前提として採用面接に行くのに手ぶらはNGです。

特に男性の場合は、荷物が少ないということで手ぶらで行ける人もいるかもしれませんが、面接する企業から会社案内などのパンフレットなどをもらうこともあります。

そのため、必ず鞄は持っていくようにしましょう(筆記用具も忘れずに)。

リクルートカバンを使うときは注意

面接に行くとき、リクルートカバンを使う人もいると思います。

スーツで面接をするときは問題ありません。

しかし、私服面接時にリクルートカバンはバランスが悪くなってしまいます。アパレル業界では「見た目のセンス」も重要視されるので、私服にリクルートカバンを合わせないように注意しましょう。

もちろん清潔感のない汚いバッグは論外です。清潔感のあるきれいなバッグを使いましょう。

ショルダーバッグ、クラッチバッグ、リュックは使わない

反対にカジュアル過ぎるショルダーバッグ、クラッチバッグ、リュックなども控えましょう。

「私服面接」といっても、遊びにいく場所ではありません。あくまで「面接」なので、TPOに合わせた格好をすることが求められます。

また、ハイブランドのバッグ(ブランドロゴが大きく入っているなど一目で分かるもの)も「生活の派手さ」を不安に感じさせてしまうため控えましょう。

採用面接時の鞄(カバン)の選び方

色:黒など落ち着いた色を選ぶ

鞄の色は、黒色、グレーなど落ち着いたものを選びましょう。

赤色など派手なものは控えます。

大きさ:A4書類が入るものを選ぶ

鞄を選ぶときの肝になるのが「大きさ」です。A4書類(普通のコピー用紙のサイズ)を折らずに入れられる大きさのものを選びましょう。

通常、ビジネスバッグを選ぶとこの大きさになっています。

口:きちんと閉まるものを選ぶ

大切な書類が落ちてしまって情報漏洩があっては大変です。鞄の口はチャックなどきちんと閉まるタイプのものを選びましょう。

底:床に置いて自立できるものを選ぶ

採用面接時は、鞄を足元に置きます。このとき鞄が横に倒れたり、何かにもたれかかってしまうと見栄えが悪くなります。

自立できるもの(底の幅があるもの)を選びましょう。