iDAの登録後の流れ、面談する場所、料金などこれさえ読めば大丈夫!【徹底解説】

iDA

「アパレル業界に就職・転職するのにiDAを使いたい」

「けれど、調べても分からないことがたくさんある……」

そう悩んでいませんか?

iDAは、もっとも人気のあるアパレル転職支援サービスです。しかし、同時にインターネットにはさまざまな情報が交錯しており、何が正しいか迷ってしまいますよね。

そこで、これらの悩みを解決するために自分の足を使ってすべて調べてきました。

ここではiDAの登録の流れや利用方法など徹底解説します。

iDAを運営する「iDA(アイ・ディ・エー)」について

まずは、iDAを運営している企業について、かんたんにおさらいをしてみましょう。

iDAを運営しているのは「株式会社iDA(アイ・ディ・エー)」(以下、iDA)です。

iDAは1999年に設立されました。設立当初からファッション業界に特化した人材ビジネスを行っており、現在は全国19拠点を構えるほどに成長を続けています。

iDA:アパレル・ファッション・コスメ業界に特化

iDAはアパレル・ファッション・コスメ業界に特化したサービスです。

iDAには、大きく3つの特徴があります。

教育・研修制度の充実:各分野に特化した研修を無料で受けられる

iDAと他の転職サービスのもっとも大きな違いは、研修制度が充実している点です。これは、ファッショーネやクリーデンスといったサービスにはありません。

iDAの研修サービス「iDAカレッジ」では、各分野に特化した研修を無料で受けられます。

  • ファッション販売研修
  • コスメ販売研修
  • PR・マーケティング基礎講座
  • バイヤー・MD基礎講座
  • VMD講座
  • 日式接客講座
  • ファッショントレンド講座
  • 特別セミナー
  • デジタルカレッジ

そのため、未経験からの販売職だけでなく、専門職への転職を考えている方にも心強い力になってくれます。

働き方の多様性:派遣、正社員、アンバサダーなど幅広い働き方ができる

iDAでは主に3つの働き方ができるようになっています。

  • 派遣
  • 正社員
  • アンバサダー

派遣と正社員は名前の通りの働き方です。

アンバサダーというのは、iDAと正社員雇用を結び、派遣先ブランドで働く働き方になります。これのメリットは「正社員雇用」を結んでいるため、月給制で給与が安定する点です。

また、iDAでは、一定期間「派遣」として働きながら、期間満了後に「社員」になるか決められる「予定紹介派遣」という働き方もできます。予定紹介派遣は派遣からはじめられるので、「思ったのと違った…」というミスマッチを防ぐことが可能です。

ほかにも、派遣社員として働く間に、派遣先から「ウチで働いてほしい」とスカウトの形で声をかけられる場合もあります。

このように最初は派遣からはじめて、「よかったら正社員になる」という方法も良いでしょう。

全国の求人に対応:全国19の拠点&出張登録が可能

ファッショーネ(1都3県)、クリーデンス(関東、関西、中部)などアパレル業界に特化した転職サービスはどうしても対応地域が絞られてしまいます(需要の関係です)。

しかし、iDAは全国19の拠点があるため、全国の求人に対応しています。たとえば大阪本社なら、大阪府、奈良県、和歌山県の方が利用するという形です。

また、遠方の方の場合、各拠点からiDAスタッフが出張して登録会を行ってくれるのもポイントです。

iDAで扱っている求人の内容

iDAで扱っている求人数は、10,000件以上です。

「業種」と「職種」は次のようになっています。

業種

  • ラグジュアリー
  • ジュエリー/アクセサリー
  • アパレル/セレクトショップ
  • コスメ/美容系
  • シューズ/バッグ/雑貨
  • オフィス等

職種

ファッション業界関連

  • 販売職(一般、店長)
  • エリアマネージャー(スーパーバイザー)
  • トレーナー
  • VMD
  • マーチャンダイザー(MD)
  • プレス(広報)
  • バイヤー
  • 生産管理
  • ディストリビューター

美容技術関連

  • 美容部員(BA)
  • メイクアップアーティスト
  • トレーナー

その他

  • 受付
  • 事務関連
  • 各種サポート業務
  • 各種モデル

このうち、世間のニーズを考えると「事務関連」はかなり求人倍率が低い(仕事が少ない)ことが予想されます(1人に対して0.2件くらいしかありません)。

もし、アパレル未経験から入る場合は研修を受けて、販売職からはじめるのも良いでしょう。

iDAを使える人

iDAを使える人について「年齢」「経験」「場所」ごとに解説します。

年齢:特に制限なし

iDAを使える年齢に制限はありません。

また、アパレル業界全体がそうですが、学歴も特に求められることはありません。

経験:未経験可能

年齢や学歴が問われない一方、アパレル業界では「経験」が重要視されます。アパレル業界で人気のMD(マーチャンダイザー)などは経験がある人しか採用されないことがほとんどです。

ただ、iDAでは「未経験可能」の求人も多数あります。もし、アパレル業界が未経験の方は、未経験でも挑戦しやすい販売職から経験を積むのが良いでしょう。

場所:全国

iDAは全国の求人に対応しています。

iDAには、北は北海道、南は沖縄まで、全国19拠点があるので最寄りの拠点で研修を受けることが可能です(公式サイトは16になっていますが)。

また、遠方の方はiDAスタッフが出張して登録会を行ってくれるので、登録時に相談してみましょう。

iDAの利用料金は完全無料

iDAに登録する前にお金について書いておきます。

iDAは完全無料で利用できます。「登録だけ無料、面談は1回につき◯円かかる」ということはないので、安心して登録しましょう。

なぜ、完全無料で転職サポートが受けられるかというと、iDAをはじめとした人材紹介サービスは、企業から紹介料という形で報酬をもらっているからです。

「お金を払ってでも良質な人材が欲しい」という企業は、「人材を大事に育てる」考えを持っているため、必然的にブラック企業が排除されやすくなるのです。

iDA利用登録とサービスの流れ

iDAには、「派遣として働く」「正社員として働く」2種類の流れがあります。

派遣として働く流れは次のようになります。

  1. 登録
  2. 面談、仕事紹介
  3. 職場見学
  4. 就業前トレーニング
  5. 就業フォロー

一方、正社員として働く流れは次のようになります。

  1. 登録
  2. 面談、仕事紹介
  3. 面接
  4. 内定、入社

派遣の方は、働く前に「就業前トレーニング」(研修)が入っているのがわかります。

ここでは、せっかくiDAの特徴でもあるので、派遣の方の働き方の流れを紹介します(正社員の登録も大きな流れは一緒なので参考にしてみてください)。

エントリー申し込み

最初に、iDA公式サイトからエントリーします。

登録は1分で完了します。

登録フォームに以下の項目を入力して登録しましょう。

  • お名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • お住いの都道府県
  • ご希望のカテゴリ(ファッション・アパレル、コスメ・ビューティなど)
  • ご希望の雇用形態(正社員、派遣社員など)

申し込み後、営業日、または翌営業日にiDAから電話から確認の電話がかかってきます。

登録面談

iDAのオフィスで登録面談を行います(所要時間は30分〜1時間です)。

登録面談が受けられるのは平日の10:00〜18:00です。

  1. 来社
  2. スキルシートの記入
  3. カウンセリング、お仕事の紹介

登録面談では、希望の条件やこれまでの経歴から自分に合う仕事を紹介してくれます。

この時点で、紹介された求人を受けずにカウンセリングのみ受けることもできます。

メモ

登録面談には本人確認書類(免許証・保険証・公共料金請求書など)を持っていきましょう。

iDAのオフィスは全国19拠点あります。ここでは利用者が多い東京本社と大阪本社の行き方を紹介します。

東京本社

東京都渋谷区渋谷3-6-3 渋谷363清水ビル3F

JR「新宿駅」南口・新南口(徒歩3分)

大阪本社

大阪市中央区本町3-3-8 山口興産ビル5F

地下鉄御堂筋線「本町駅」3番出口(徒歩3分)

職場見学・就業決定

派遣先企業の職場見学(主にショップ)をします。iDAの社員が一緒に来てくれるので安心しましょう。ここで双方の同意があれば就業が決まります。

勤務中の洋服についても「制服貸与」「私服」「スーツ」「社販」などブランドごとに規定がありますが、事前にすべて説明を受けられます。

就業前トレーニング

実際に働く前に、iDAのプロのトレーナーによる研修(iDAカレッジ)を受けられます。こうすることで、未経験からでも安心してアパレル業界に挑戦できる仕組みがあるのです。

就業フォロー

就業前トレーニングが終わると、いよいよ就業です(初日はiDA社員が同行してくれます)。

iDAでは就業後もフォローをしてくれるので、困ったことがあればすぐに相談しましょう。

アパレル業界で主に派遣として働きたい方、アパレル業界に未経験から挑戦したい方、今すぐiDAを上手に使って転職活動を成功させてください。