北海道(札幌など)のアパレル求人(販売・デザイナー・パタンナー・バイヤー・MDなど)に強い転職サイト徹底攻略

アパレルの就活ノウハウ

「北海道(札幌など)のアパレル求人を探したい」と考えている方は、「どのように働きたいか」「どうすれば良い求人を探せるか」具体的な方法を考えているでしょうか?

せっかくアパレル業界で働くなら、もっとも良い条件の求人をで見つけたいですよね。

そこで、ここでは北海道のアパレル求人を探す理想の方法について解説します。

北海道のアパレル職の基本データ

北海道のアパレル職の基本データを見てみましょう。代表的な職種として「百貨店店員」(販売員)と「デザイナー」(専門職)のデータを掲載します。

参考:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

百貨店店員

北海道 全国平均
年収 289万円 316万円
給与 21.4万円 22.7万円
賞与 30.8万円 43.2万円
平均年齢 46.8歳 43.1歳
勤続年数 11.5年 12.7年

デザイナー

北海道 全国平均
年収 299万円 439万円
給与 23.8万円 31.8万円
賞与 14.0万円 57.7万円
平均年齢 32.8歳 36.5歳
勤続年数 6.1年 8.9年

北海道のアパレル職で働くメリットとデメリット

メリット:地元で働ける

あくまでデータを見た上でなのですが、北海道のアパレル職で働くメリットは地元で働くことです。反対に言うと、「これしかない」というのが実情です。

ただ、「地元が好き」という方にとっては地元を離れず働くことができるため、大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット:収入が低い

北海道のアパレル職で働くもっとも大きなデメリットは「収入が低い」ことです。

北海道の百貨店店員(販売職)の年収は全国平均より約30万円低く、デザイナー(技術職)の平均年収は全国平均より約140万円も低くなっています。

特に技術職においては、同じ業務をしていてもかなり年収に差が開くことが分かります。もし、アパレル職で高給を目指すときは、東京などの都心部に出るのもよいでしょう。

アパレル業界の経験はあるか未経験か

経験あり

アパレル業界の求人の多くは「経験」が重視されます。特にデザイナーやパタンナー、MD、バイヤーなどの専門職の求人は、ほとんどが「経験あり」のみです。

各職種の経験がある場合、その職種でキャリアップが可能です。「自分が企業に入ることでどのようなメリットがあるか」といったことをアピールできるようにしましょう。

アパレル業界の経験がある場合は(希望職種の経験がある場合)、アパレル経験者のみ利用可能なクリーデンスを利用すると、良質な求人を探せるでしょう。

未経験(新卒含む)

一方、アパレル業界は「未経験から入りたい」という方も多いと思います。ただ、前述のように、アパレル業界は「経験」が重視される傾向があります。

そのため、アパレル業界に未経験から入りたい場合は「販売職」から始めることがほとんどです。そこでキャリアを積んで「店長」などにキャリアアップをしていきます。

また、働いていく中でスキルを身につけることで専門職へのステップアップも可能です。

ただし、デザイナーやパタンナーなど特別な技術が求められる職種に関しては、専門学校や大学で技術を身につけてから就職するというのが一般的です。

アパレル業界未経験の場合は、未経験者でも利用できるiDA(研修制度が用意されています)利用すると、販売職などからアパレル業界に入って働けるようになります。

iDA-ラグジュアリー・アパレル・コスメ販売 派遣と転職はアイ・ディ・アクセス

アパレル業界の職種はどれを選ぶ?

販売職(販売、店長)

アパレル業界の職種は、大きく販売職と専門職に分けられます。

販売職は、私たちがアパレル店舗で見かけるスタッフを想像すると良いでしょう。アパレル業界未経験の場合、ほとんどが「販売」からキャリアをスタートします。

その後、経験を積むことによって「店長」などの管理職にキャリアアップが可能です。

専門職(デザイナー、バイヤー、プレス、メーカー、EC、営業、事務など)

アパレル業界の専門職には、デザイナー、バイヤー、プレス、メーカー、EC、営業、事務などが含まれます。特にデザイナーやパタンナーなどは特別な技術が必要のため、専門学校や大学で技術を身に付けてから企業に就職することが多くなります。

メーカーやEC、営業、事務などは、本社勤務になることが多い職種です。ただし、特に(女性に人気の高い)「事務」に顕著なのですが、求人倍率が低い(1人あたりの求人の数が少ない)ことが多いので注意しましょう。

参考までに、事務職の有効求人倍率は0.2倍程度です(5人に1人しか仕事がない)。

アパレル業界の働き方

正社員

アパレル業界でもっとも多い働き方が正社員です。正社員として働くと、月給、賞与、福利厚生など生活が安定しやすくなるのが特徴です。

先程あげた、未経験でも使えるiDA、経験者のみ使えるクリーデンスは基本的に正社員のみの求人を扱っているため、正社員希望の方は積極的に活用しましょう。

派遣

また、女性では派遣を希望する方も多くいます。

派遣の場合、販売職での勤務がほとんどです。派遣は経験の有無があまり問われないため、「未経験からでも働きやすい」メリットがあります。

アパレル業界の派遣の求人では、スタッフブリッジアパレル派遣なびなどの転職サイトが人気です(どちらもアパレル未経験でも利用できます)。

パート・アルバイト

この記事を読んでいる方には少ないかもしれませんが、「アパレル業界でパート・アルバイトとして働きたい」という方は、10代〜20代前半の女性に多いと思います。

「アパレル業界のパート・アルバイトで働きたい」という方は、フロム・エーなどのサービスを利用すると良いでしょう。

こだわりの条件で働きたい

メンズ(男性求人)

アパレル業界というと女性が中心のイメージを持っている方も多いと思います。たしかに販売職では女性が多く活躍していますが、男性もメンズブランドを中心に活躍しています。

また、本社勤務などでは男女関係なく働くことになるので、「自分が男性だから…」と尻込みすることなく、胸を張ってアパレル求人を探していきましょう。

少数派ということは、考え方を変えると「供給が少ない」ということです。「レア化」をして自分の希少価値を上げていきましょう!

土日休み

「土日休み」を希望する方も多いと思います。

土日勤務については、職種によるところが多くなります。

販売職の場合、どうしても「土日祝祭日」が繁忙期になるため、正社員であっても(正社員だからこそ!?)「土日を完全休み」にすることは難しいと言えるでしょう。

一方、営業や事務など本社勤務の場合は、一般企業と同じように土日が休みが多くなります。

この辺りは自分の働き方によっても大きく異なると思います。どうしても譲れない場所を持った上で求人を探していきましょう。

本社勤務

「本社勤務がいい」というのもアパレル業界で多い条件のひとつです。

本社勤務だと、メーカーの営業や事務などの職種が該当します。これらの職種はデザイナーほど特別なスキルは要求されませんが、未経験の営業だと年齡(大体25歳くらいまで)、事務の場合は有効求人倍率がネックになります(事務職の求人は本当に少ないです)。

これらの現状を理解した上で求人を探していくことが重要です。

求人の探し方

北海道(札幌など)のアパレルの求人の探し方について解説します。

ハローワークを使う

求人数がもっとも多く掲載されているのはハローワーク(公共職業安定所)です。

ハローワークは企業も無料で利用できるため、求人数そのものは多いのですが、求人の質が玉石混交であるというデメリットがあります。

つまり、ブラック企業の求人が多数混ざっているという意味です。

これらを自分で判断できるという方はハローワークを使っても良いでしょう。しかし、「見極める自信がない…」という方は、ハローワーク以外にも良い求人を探す方法はあります。

求人サイトを使う

2つめは求人サイトを使う方法です。求人サイトとは、自分の希望の条件を入力し、検索結果に表示された求人に応募します。応募までインターネットで完結するのがメリットです。

一方、自分ですべてを行う必要があるため、「膨大に表示された求人から自分に合ったものを選ぶ」「企業と年収の交渉をする」「面接日のやりとりをする」といった作業が発生します。

これが苦ではないという方は求人サイトを活用すると良いでしょう。「ちょっと面倒…」と思ってしまった方は、次の転職サイトを検討すると良いでしょう。

転職サイトを使う

3つめは転職サイトを使う方法です。転職サイトは「人材紹介会社」「エージェント」とも呼ばれます。

求人サイトとの違いが曖昧ですが、転職サイトの場合、登録後に専任コンサルタントによるヒアリングがあったり、サービスによってはオフィスに行くこともできます。

「ヒアリングがある」「エージェントのオフィスに行く」という手間はたしかに発生しますが、その分、他の方法と比べて圧倒的に転職を有利に進められます。

なぜ、転職活動を有利に進められるのかというと、アパレル業界を知り尽くしているプロの専任コンサルタントに転職をサポートしてもらえるからです。

自分のこれまでの経験から「どのような仕事が合っているか」「どのような求人がおすすめか」といったことをヒアリングしてもらえます。

また、実際に選考を受ける企業が決まったら、「書類添削」「面接対策」(企業やブランドによって面接時に求められる服装も異なります)なども受けられます。

さらに、エージェントが持っている求人のため、「自分を推薦してくれる」というお墨付きがもらえます。誰だって、見知らぬ人より推薦がある人を優遇するのは当然ですね。

ということで転職サイトを使うと、転職活動を非常に有利に進められるようになります。どの転職サイトも無料で使えるので使わない手はないでしょう。

ただし、転職サイトは星の数ほどあります。あなたが使うべきは「アパレル業界」に特化した転職サイト(エージェント)です。

北海道(札幌など)で使えるアパレル業界に特化した転職サイトには、iDA(未経験者可能)、クリーデンス(経験者のみ)などがあげられます。

未経験からアパレル業界に挑戦したい方、アパレル業界経験者でキャリアアップをしたい方は、転職サイトを上手に使って転職を成功させてください。